カラダからのメッセージに耳を傾ける


最近医学関係の本を読んでいたら、、、

あ!正確には反医学笑笑

自分の体からのメッセージに耳を傾けると
結構色々わかってくるようです

体調が悪くなった時、まず薬を飲むのではなく、
まず体からのメッセージを聞いてあげる。

胃の不調なら 食前の不調なのか食後の不調なのか様子をみて

食前の場合は胃酸が過剰に出過ぎている場合が多い
食べ過ぎ、飲み過ぎ、ストレス、喫煙、刺激物、カフェイン過多

食後の場合は消化不良、胃の働きが弱っている場合が多い
体質、ストレス過食、脂質過多、加齢、胃酸が薄い

それ以外にも、急性胃炎や急性胃腸炎など胃のトラブルはさまざまですが、

急性は食中毒等もありますが
その他はストレスや生活習慣がかなり影響していると思います。

ということは

薬を飲んで治すのではなく
生活習慣の改善をしないと、薬を飲み続けなければいけないということです

薬は対処療法がほとんどです。
対症療法とは、病気そのものを治すものではなく表面的な症状を緩和させるだけのものです。

風邪を引いたら、「体が疲れてるから休ませて」という体からのサインです。
しっかり栄養をとって休むのが一番です。
そもそも風邪を引く人と引かない人がいます。インフルエンザウィルスに感染する人しない人がいます。

こんな話をしているとだんだん
免疫力アップの話やデトックスの話、
その他に「ワクチンの危険」の話をしたくなってきますが、今回はやめておきます。

ってことで
胃腸の不調があった私は薬は飲まず
にゃんこの面白動画を観て、腹六分目でがんばっていますきゃぴ☆

ストレスは病気の始まりですからね
笑う門には福来るっていうでしょう・・・あ、ちょっとちがうかあは

ではでは
みなさんも生活に笑いを入れて健康に気をつけてくださいねDV194

パンの怖さパート1
パンの怖さパート2(小麦粉の実体)
パンの怖さパート3(原材料)
給食からパンが消える!?

デトックス専門店LovePeace

あやこのランキングは今何位?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする